Skip to content

銀行カードローンが低金利な理由とは?

銀行カードローンが低金利なのはなぜか?

低金利でのカードローン審査甘いローンを提供している金融機関先は多くありますが、特に銀行カードローンは低金利の場合がほとんどです。利用者側にとっては利用しやすい限りですが、何故ここまで金利の上限下限に幅があるのでしょうか?

消費者金融への借りての流出を防ぐ

銀行カードローンは審査が通りにくいという点がデメリットですが、低金利であることは利用者側には大変重要です。低金利であっても「〇%~〇%」と幅があることが表記されますが、これは利用者側の審査情報を基にして個々で金利額が変わるからです。返済をきちんとする良い借りてであるなら、銀行側としても金利による儲けが発生します。そうした利用者はぜひとも他の銀行や消費者金融へは逃したくはありません。そのためにもこの低金利での提供は利用者確保のための銀行側のカードローンを上手に行うための策ともいえます。

金利の低さは利用者の返済計画も立てやすい

カードローンを利用するにあたっては、金利が幾らかかるかによってもどのくらいでの返済が完了するかが変わってきます。次に利用することがあるなら、延滞することなくカードローンの返済を終える必要があります。その点で利用者側にとって低金利であるなら、費用を抑えて借り入れることができるので計画的に返済しやすくなります。銀行カードローンはそのような利用者側のニーズに応える形で低金利を提供しています。

Published inカードローン

Comments are closed.